体脂肪を落とすプロテイン

体脂肪を落とすためには食事制限や運動が必要となり、エネルギー源となるたんぱく質の摂取が必要となります。たんぱく質を摂取することで体を動かすエネルギーになる他、筋肉量を維持しながら無駄な脂肪だけを落とすことができます。

 

このため、ダイエット中はたんぱく質の摂取、特に効率的に摂取ができるプロテインが必要という意見がありますが、体脂肪を落とす上でプロテインの摂取は本当に必要なのでしょうか。

 

プロテイン=一日の摂取たんぱく質

 

体脂肪を落とす上でたんぱく質の摂取は必要ですが、必ずしもプロテインの摂取が必要というわけではありません。
プロテインを摂取する必要がある方は、1日のたんぱく質量が足りない方のみです。食事で充分なたんぱく質を摂取していれば、プロテインは必要ありません。

 

プロテインが必要な場合

 

体脂肪を落とす上で、食事制限を行っている方は1日のたんぱく質摂取量を見直してみてください。もし、必要量のたんぱく質が摂取できていない場合、効率良く摂取できるプロテインを使用しましょう。

 

たんぱく質が足りない場合、体に必要な筋肉も落ちてしまい、ただ体が痩せてしまうだけになってしまいます。体脂肪を落としながら理想の体型を目指したいという場合、たんぱく質の摂取は必須です。

 

目安として、一日に必要なたんぱく質の量は1.5〜2gとされています。ただし、これはあくまで目安です。体質や現在の体の状態などにより、必要なたんぱく質量は変わってきます。蒸気を目安にして、プロテインの摂取の有無を決めてください。