体脂肪率を下げる方法

体脂肪率が高いと体型だけでなく健康にも影響を与えます。この高い体脂肪率を下げるためにはいろいろな方法があります。

 

食事

 

食事制限は体脂肪率を効果的に下げるために必要ですが、きちんとコントロールすることが大切です。筋肉を落とさないようにすることが大事なので、食事の回数を減らすような食事制限はおすすめしません。3食の食事はしっかり摂る、でも食事の中身を変えるというのが理想です。

 

基本的に体脂肪率を下げるには、炭水化物と糖質を控えるというのが大前提です。ただし、筋肉を落とさないようにするため、タンパク質や脂質はしっかり摂らなければなりません。もちろん摂取カロリーもしっかり管理する必要がありますし、栄養バランスのとれた食事が大前提です。

 

運動

 

運動は筋トレと有酸素運動を組み合わせることが大切です。どちらか一方だけでは効率的に体脂肪率を下げることはできません。筋トレを先に行うことで効果的に体脂肪が燃焼されるので、順番にも注意しましょう。

 

週に1回長時間時間をとるというやり方よりも、短時間の運動でも1日おき、あるいは毎日続けるというやり方が効果的です。運動後にはストレッチもおすすめです。

 

生活習慣

 

日常なるべく歩くようにする、寝る2時間前までに夕食を摂る、睡眠時間を7時間は確保するなど、普段の生活習慣もちょっと気をつけるのが良いかもしれません。

 

例えば睡眠時間ですが、睡眠時間が短いと肥満になる確率が高いのだといいます。普段の生活から脂肪を溜める要素を減らしたいものですね。

体脂肪率を下げる方法記事一覧

体脂肪率を効果的に下げるためには、運動だけでなく食生活の改善も必要です。どのような食生活を心がければよいのでしょうか。■脂肪率を下げる食べ物脂肪を燃焼させる効果がある食べ物といえば、唐辛子や生姜などの体を温めてくれる食べ物です。そのほかにも、鮭やマグロ、イワシや海藻類、ブロッコリーなどが効果的だといいます。意外なところでは、チョコレートを食べてから運動するのが良いそうで、甘党の方にはうれしいところ...

体脂肪率を下げるには体を動かすということが大切です。効果的な運動はいろいろあるので、できるところから始めましょう。筋トレ脂肪を効率よく燃焼するために必要不可欠なのが筋肉です。そして、筋肉を鍛えるなら筋トレは欠かせません。特に脂肪燃焼を目的としているなら、インナーマッスルを鍛えるのがおすすめです。ダンベルなどを使ったトレーニングは筋力を鍛えるのに有効ですが、特別な器具がなくても、スクワットや腕立てな...

体脂肪率を下げるには運動は必要不可欠ですが、食生活も重要です。近年は体脂肪率を下げるのに有効なお茶が注目されています。ポリフェノールお茶に含まれる渋み成分がポリフェノールです。緑茶に含まれているのがカテキン、ウーロン茶にはウーロン茶ポリフェノールといって、ポリフェノールにはさまざまな種類があります。これらのポリフェノールには脂肪を燃焼させる効果があるといわれており、トクホの食品として成分調整して販...

体脂肪の燃焼を助けてくれる成分があります。これらの成分を取り入れることで、効率的に体脂肪を減らすことができるでしょう。カルニチン脂肪の燃焼に必要なのがアミノ酸の一種であるカルニチンです。カルニチンは脂肪燃焼には欠かせないといわれる成分で、不足すると脂肪の分解が行われません。しっかり運動して体脂肪を落としたいという人に必要な成分です。コーヒークロロゲン酸ポリフェノールの一種であるコーヒークロロゲン酸...

健康や美容意識の高まりと共に、体脂肪を気にする方は増えています。体脂肪減少には様々な方法がありますが、その中でも体に優しく体質から改善する効果が期待できる漢方薬は、オススメの方法です。今回は、体脂肪を減少させる漢方薬をご紹介します。防風通聖散体脂肪を減らす漢方薬の中でも、防風通聖散は有名な漢方薬です。効果としてはむくみや便秘改善ですが、これらの効果が体脂肪を減らすことに繋がります。むくみ改善は体内...

体脂肪を落とすためには食事制限や運動が必要となり、エネルギー源となるたんぱく質の摂取が必要となります。たんぱく質を摂取することで体を動かすエネルギーになる他、筋肉量を維持しながら無駄な脂肪だけを落とすことができます。このため、ダイエット中はたんぱく質の摂取、特に効率的に摂取ができるプロテインが必要という意見がありますが、体脂肪を落とす上でプロテインの摂取は本当に必要なのでしょうか。プロテイン=一日...

気になる体脂肪を薬を使って減らしたいという場合、薬の選び方が重要なポイントとなります。今回は、体脂肪を減らす薬の失敗しない正しい選び方をご紹介します。成分チェック体脂肪を減らす薬と一言でまとめても、その種類は様々で、使用されている成分も幅広くなります。ある人にとっては無害な成分も、他の人にとっては思わぬ副作用をもたらす可能性があります。購入する前に、まずはパッケージに記載されている成分を必ずチェッ...